ユーザーズ・ガイド


メニュー > 環境設定


一般
  1. Photo Meta Edit を起動したときにオープンダイアログを開きます。ファイルをアプリケーションアイコンにドラッグ&ドロップしたときは開きません。
  2. ファイルやさまざまなデータリストのサイズを選択します。
  3. 「最近使った項目を開く」メニューに表示されるファイルまたはフォルダーの最大数を設定します。
  4. GPS データを表示する地図の初期設定を Google マップ、または、Apple マップから選択します。(OS X 10.10以降)
  5. 複数のファイルを同時に開くとき、ファイルごとに50個を上限に個別ウインドウで開きます。51以上のファイルは一つのウインドウで開かれます。
  6. 保存または書き出ししたときの日時に、チェックされた日時メタデータを自動的に変更して保存します。手動で変更した日時は修正されてしまうので注意してください。
  7. 保存または書き出ししたとき、ファイル属性データの「作成日」と「変更日」をそれぞれ選択された日時メタデータの日時に自動設定します。
    ファイル属性データの「作成日」と「変更日」は、Finder でファイルを選択し、「ファイル」>「情報を見る」を選択すると表示されるファイル情報ウインドウの「一般情報」で確認できます。
  8. 追加するサムネールの画像設定をします。
    • DCFに準拠:サイズ 160 x 120、アスペクト比 4:3、主画像アスペクト比と異なる場合黒でパディング。
    • サイズ: 標準 160 x 120、大 320 x 240、(アスペクト比は保持)
    • 画像の方向タグをサムネイルに記録:
      On:サムネールの画像内にメタデータとして画像の方向タグ(274)を記録する。
      Off:サムネイル関連メタデータにサムネイル画像の方向として記録する。
ISO 国コードリスト

IPTC Photo Metadata の ISO 国コードの選択リストをカスタマイズします。

言語リスト

XMP プロパティーの言語選択リストをカスタマイズします。

IPTC

IPTC Photo Metadata の 作成者連絡先のプリセットを設定します。

IPTC Photo Metadata のよく使うサブジェクトコードをカスタマイズします。

よく使う文字

よく使う文字をカスタマイズします。

よく使う文字の使い方

文字入力できるメタデータを選択し、「メタデータ」>「よく使う文字」を選択するか、コンテクストメニューから呼び出して使用することができます。英数文字(ASCII文字)のみしか使用できないメタデータに対しては、日本語など他の文字コードを使用した文字を選択することはできません。

Last updated: 2015-12-20
mail: eagle@tranquillitybase.jp
Copyright © 2008-2016 Tranquillity Base. All rights reserved.