Tranquillity Base > 動画から写真 > ユーザーガイド

ユーザー・ガイド


ファイルを開く

「ファイル」>「開く」と選択し、目的のファイルを選択して「開く」をクリックします。または、目的のファイルをアプリケーションアイコンにドラッグします。

表示されているシーンを書き出す

ツールバーの「書き出す」ボタンを押すか、「ファイル」>「書き出す...」を選択。表示された「保存シート」にて書き出す画像の設定をし、「保存」ボタンを押してください。

書き出しリストにシーンを登録

ツールバーの「リストに追加」ボタンを押すか、「操作」>「リストに追加」を選択して、表示されているシーンを登録します。また、画面を書き出しリストエリアにドラッグ&ドロップして登録します。

「連写」を使う

ツールバーの「連写」ボタンを押すか、「操作」>「連写...」を選択して、連写設定シートを表示します。

書き出しリストの画像を書き出す

ツールバーの「リストを書き出す」ボタンを押すか、「ファイル」>「リスト内の画像を書き出す...」を選択して、保存シートを表示します。

ファイル名のフォーマットを指定して、「保存」をクリック。

再生コントロールキーボードショートカット
space または return再生・停止
command (⌘) + ↑ムービーの開始位置に移動
command (⌘) + ↓ムービーの終了位置に移動
1フレーム戻る
1フレーム進む
command (⌘) + ←5秒戻る(デフォルト値)
command (⌘) + →5秒進む(デフォルト値)
option (⌥) + command (⌘) + ←30秒戻る(デフォルト値)
option (⌥) + command (⌘) + →30秒進む(デフォルト値)
option (⌥) + ←1秒戻る(デフォルト値)
option (⌥) + →1秒進む(デフォルト値)
control (⌃) + option (⌥) + ←0.5秒戻る(デフォルト値)
control (⌃) + option (⌥) + →0.5秒進む(デフォルト値)
J再生速度を低速に切り替える
K通常再生速度
L再生速度を高速に切り替える
M逆再生
スキップ時間を変更

早送り、巻き戻し時間の変更。
「操作」>「スキップ時間をカスタマイズ...」を選択。
それぞれ、0.5秒、1秒、3秒、5秒、10秒、15秒、20秒、30秒から選択。